黒板アート

黒板アート

黒板にチョークで描くと、
普段ソフト(イラストレーター)で制作しているのと全く違う味わいが出るので、
ちょっといい!と思いました。
下手すぎてアートって言えるほどのもんじゃないですけどね。

ただ、チョークは難しい!
一発勝負って感じで最初フリーハンドで描きました。
横向きにして同じ絵で。
でも文字が思ったように入らなくて、
縦に変えようと思って、せっかく書いたけど修正することにしました。

修正する時に、もうすこし文字を綺麗に書きたいと思って、
イラストレーター(ソフト)で一度下書きを作って、
紙に印刷しました。
ステンシルみたいに、文字の部分を切り抜いてそのあとチョークでなぞって描きました。

完全フリーハンドよりは綺麗にできると思ったんです。

でもチョークでステンシルをなぞっているうちに
先をカッターで尖らせたチョークがすぐ削れて太くなるんです。
何度も尖らせて描いてました。結構手間がかかります。

小さな文字はステンシルではうまくいかなかったので、
下の方の文字は、残念フリーハンドです。

こうやってステンシルを利用したので、
チョークの粉が沢山出ました。
黒板ボードの上に結構溜まってしまった粉を払ったら
せっかくイラストを綺麗に書けたと思ったのに、一気に汚くなって絶望しかけました。

仕方ないので綿棒の先に水付けて、
何度かチョークの粉を拭いて綺麗にしたらどうにか復活しました。

綺麗な黒板アート、カラフルなやつ、
カフェに行くと何気に飾られてるやつです。
制作するのはすごい大変なんじゃないかなと思いました。
(私、これだけでヨレヨレになったので。)

でも面白かったです。
また黒板見つけたら買ってこよう。