2020.2.14 雑穀ハンバーグ弁当

2020.2.14 雑穀ハンバーグ弁当
久しぶりにお弁当写真をUPした気がします。
詰め方はちょっと失敗しました。

メニュー:
雑穀バーグ、人参のナムル、自家製カリフラワーのソテー、
春菊とチーズのサラダ、かぼちゃとナッツのメープルココナッツロースト、
ルッコラ、昆布の佃煮、トマト、のり弁

雑穀バーグは、ハーファーブロートという
雑穀パンを使って作りました。
これ↓

メステマッハー オーガニック ハーファーブロート 300g 有機全粒粉

これにチーズ乗せて食べてた時に思いついたんです。
ハンバーグみたいって(色が)

玄米バーグとかたかきびバーグだって雑穀なんだから、
これで作っても一緒なんじゃないかな?と思って
やってみたら、一緒でした!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

ハーファーブロートバーグの作り方

材料
ハーファーブロート 2枚(細かく刻むか潰す)
玉ねぎ 中玉1個(みじん切り)
れんこん 1節(すりおろす)
オートミール 大さじ2、3杯
米粉 大さじ2、3杯
ナツメグ 少々(これは絶対必要です)
塩、コショウ 少々

*みじん切りにした玉ねぎはしっかり炒めます。
作り方:以上の材料を混ぜてフライパンで焼くだけです!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

普通のハンバーグを作るのと同じ感覚で、
お肉がハーファーブロートになっただけと思えば、
それほど難しくない料理です。

昨日の晩ご飯に出してみました。
バランスが良かったのか、
家族にお肉入ってるでしょう?と言われました。
「鶏肉入ってるみたいだね」って言ってました。

牛肉と豚肉で作ったようなこってりハンバーグというよりは、
鶏肉で作ったつくねハンバーグみたいな感じかもしれません。

これにチーズを入れたり乗せたりすると、
お肉のハンバーグに負けないぐらい食べ応えはあるかも。
見た目がもうハンバーグなので、結構騙されます。

それに作るのも楽です。
雑穀だと先に炊いておかないといけないのに、
ハーファーブロートはそのまま崩して使えるので、
思い立ったら30分ぐらいでできます。
お肉と違うので、火の通り加減も気にしなくていいです。

あとナツメグが決め手なんです。
だいたいナツメグ入れておくとハンバーグ風味になります。
他の雑穀バーグでも入れてます。
ナツメグ入れるだけで全然違うんです。



カリフラワーは自家製です。
今回4株植えていたのが全部いい感じに育ちました。
結構綺麗にできたので喜んでいます。
でも1か月ぐらい毎日カリフラワーでちょっと飽きてきました。。。
ソテーとピクルスとローストしかレパートリーがないです。

茹でてマヨネーズもおいしいけど、
分量食べられないのでどうしよう。
変わった料理方法があるといいのに。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

今日はお弁当の詰め方をちょっと間違えました。
雑穀バーグが一番端になったのは、
いつ入れたらいいのかわからなくなったからです。

だいたい丸いものは真ん中ぐらいに入れるのに、
カリフラワーを入れた後にハンバーグ入るかな?とか
春菊の隣にしたらハンバーグに味が移るかなとか迷ってしまいました。

迷った挙句が端っこです。
あーもう間違えた。

昆布の佃煮も入れるところがわからなくなって、
ルッコラの横に押し込んでます。
無理に入れる必要なかったかも。。。

今後はメインを真ん中に入れてから、
周りを固めていこうと思います。

グーペ


一緒に読まれている関連記事