ホーロー鍋を白くする方法

白いホーロー鍋を持っています。
ミルクパンサイズです、多分。
使ってるうちに内側がどんどん茶色くなって、
見た目汚いので困っていました。

このミルクパン(鍋)でほうじ茶ラテを作ったり、
豆乳チャイを作ったり、少量のお味噌汁作ったりしています。

洗いやすいサイズだし、色が白だし、結構お気に入りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最初は汚れると重曹とかメラミンスポンジ(劇落ちくん)で、
こすって汚れを落としていました。
最近それではもう落ちにくくなっていて
あきらめて茶色い汚れがついたままでした。



鍋が汚れてるので、
トマトペーストをその鍋で作っちゃおうと思いました。
トマトの赤い汚れがプラスでついたって、もう気にならない!
どうせ茶色の汚れが落ちていないんだしと思ったんです。

ところがその投げやりな行動が、
意外な結果を生んだんです。(大げさ)

トマトがホーロー鍋の汚れを落とした!・・・多分。

落とし方手順↓を以下に書きました。

1.トマトを鍋でじっくり煮詰めてた。

生の中玉トマト10個ぐらいを湯むきして、ペーストにします。
結構な分量です。鍋の8分目あたりまでペーストでいっぱいになるぐらいでした。
それから、この汚れたホーロー鍋で1時間半ぐらい煮詰めていました。

*トマトペーストにするには、
普通の生トマトじゃトマトジュースにしかならないので、
結構な時間煮詰めないといけません。
本来の目的が、
×ホーロー鍋の汚れを落とすではなく
○トマトペーストを作るだったので、煮る時間が相当長くかかってます。

 

2.トマト煮詰めたからって、汚れはすぐ落ちない。

じっくり煮詰めていると、トマトジュースからペーストになります。
最初の分量の3分の1ぐらいに煮詰めたら、
煮沸したビンなどに移します。

このトマトペーストは普通に食べられます!

トマトペーストは汚れを全く吸着していないです。
トマトペーストができた後の鍋に、
まだ変化が何も起こっていなかったからです。

この段階では全く汚れなんて落ちてません

3.汚れた鍋を水につけてから、変化が起こる。

トマトの汚れを落とそうと思って、
鍋を水にしばらくつけていました。
(30分〜1時間ぐらいだと思います。)

 

4.洗い方はいつもと変わらないけど、楽!

「そうだ、違う料理でもしよう!」と思って、
ホーロー鍋のトマト汚れと戦う決心をしました。
ちょっとぐらい落としやすくなってるかな?と洗剤つけて洗い始めました。
軽くスポンジでこすったら、
ずっと頑固にこびりついてた茶色の汚れが落ちだしたんです。
(今まで普通に洗剤つけて洗うだけじゃ、絶対落ちてなかったやつです!)

あれ?いつもと様子が違う!と思って、
普通のスポンジからメラミンスポンジ(武器)に変え、
ついでに重曹もつけて洗ってみました。

いつもより全く力もかけずに、
汚れが簡単に落ちていきました。

汚れを落とすのが驚くほど楽でした。
何もしないでメラミンスポンジと重曹で洗うより、
トマトペーストを作った後の方が、笑っちゃうぐらい楽。

以前も何か料理でトマトを煮込んだ後の鍋が、
普通に洗っても、妙に綺麗になったのを思い出しました。
(ステンレス鍋とか)

理由は全然わからないのですが、
記録には残しておこうと思って書きました。
(私のブログは備忘録)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は写真がないので、
次回トマトペースト作りか、トマト煮込み料理をするときに、
汚れた鍋の写真と、それを綺麗に洗った後の写真を撮っておきたいです。

トマトの何かの成分が汚れを落ちやすくしてるのでしょうか?
トマト煮込み料理の後の鍋は、綺麗に汚れが落ちます

 

トマト・ブック
グーペ



一緒に読まれている関連記事