イラストレーターになるために

イラストレータになるためにとった私の行動を書いています。

*****

イラストレーターになるためには、イラストを描いてファイルにし、
それを持って出版業界へ売り込みしないといけないといけないということを知りました。
自分で、出版業界へ電話してアポイントを取ってファイルをみてもらいにいくんです。

出版会社に直接電話して売り込みなんて、当時の私にはかなりハードルが高かったです。
経験のない主婦が描いたイラストなんて見てもらえるのか?
電話もまともに取り合ってもらえないんじゃないか?
そんなに出版業界も暇じゃないんじゃなんて思ったりして、
すっかり動けなくなりました。

それでも、やっぱりイラストレーターになりたくて、
売り込み以外の何か他にできることがないかと必死で探しました。

次に書いていることは、小心者の私がイラストレーターになるためになんとかできたことです。

これらがすこしでも参考になればいいなと思っています。
おそらく今は他にもいろんな方法があると思うので、探してみてください。
*もちろん売込みにいける方は、売込みが1番いいです!
こういった仕事をする人はメンタルが強いと無敵です☆
私、メンタル弱すぎて泣けてきます。

 

1.まず、見てもらうためのイラストをたくさん描く

これはアナログ(絵の具や色鉛筆など)でも、デジタル(パソコン)でも
とにかく手法はなんでもいいです。
思いのままにたくさん描いて、描きまくってください。
下手でもなんでもとにかくたくさん描いてください。
その中で自分が気に入ってこれだと思うものを印刷してファイルに用意したり、
データにして送れるよう準備します。

まず見てもらうための絵を準備することから始めます。

私がここに掲載しているイラストも幾つか失敗しながら描いたうちの一つです。
膨大な失敗作の上に出来上がったイラストばかりです。
思いつきですごくいいものを一発で描ける日もいつか来ると思いますが、
最初は毎日とにかくたくさん、スケッチブックに描いてみてください。
私は、スケッチブックに下書きのイラストがたまったら、
イラレで描いたり、たまにペンや絵の具で描いたりして、
気に入ったものをデータにしたり印刷したりして、ファイルを作ったりデータを準備しました。

イラストレーターになろうとしている方はきっとたくさんイラストも描いていると思うので、
そこから下書きを仕上げして綺麗にして、見せれる形にしていくといいと思います。

 

2.描いたイラストを、自分のホームページやブログへ掲載

ホームページやブログは、カッコよくなくてもいいです。
ブログだとお洒落なテンプレートがあるので、こちらの方が気軽にイラストを掲載できると思います。
私はWORDPRESSを使って作品を掲載しています。
最初は難しかったですが、無料でデザインのいいテンプレートが多いので、
結構気に入って使っています。

作るのが大変なのですが、仕事を始めると結局自分のサイトが必要になってくると思うので、
頑張って作ったほうがいいと思います。
見てもらうための場所なので、まず場所を確保して、
その場所を余裕があれば綺麗にお洒落にしていけばいいかなと思います。

3.クリエイター&イラスト系登録WEBサイトに登録する。

クリエイター&イラスト系のWEBサイトも検索するとたくさんあるので、
そちらにたくさん登録していくといいと思います。
自分のWEBサイトを登録するサイトだったり、自分のイラストデータを登録できるサイトだったりと
形は様々なので、自分のテイストに合いそうなWEBサイトに登録してみてください。

自分のイラストデータを登録できるサイトだと、
ブログやホームページを作る手間が省けるので作らなくていいかなと思いがちですが、
結局仕事を始めるとと自分のWEBサイトは必要になるので、省かないほうがいいです。

クリエイター&イラスト系登録WEBサイトは
他の方が描いたステキなイラストも見れるので、刺激にもなりました。
とにかく、自分のイラストをたくさんの方に見てもらうことが必要だと思っています。

↓クリエイター&イラスト系登録WEBサイトの一部です
ArtSoul
CREATORS BANK
SUGAR

 

いまはSNSで作品を見てもらうのもいいと思います。(当時はまだなかったです)
tumblrとか、Instagramがありますよね。
Instagramは毎日結構いろんな人が見てくれると思います。
いいね!を同じイラストを描く人どうしでしてみたり、
交流があったりして楽しいです。
tumblrはInstagramほど交流はないかも。
ちなみに私にはtumblrとか、Instagramあまり向かなかったので、
SNSはPinterestのみの使用です。
(そういう人もいます。)

 

4.コンテストへ積極的に参加する。

>>>登竜門

コンテストに落ちても、色んな方がイラストをみてくださっているはず。。。
どんなつながりができるかわからないので、
これだ!という、自分の得意分野のコンテストに応募してみてください♪
気のせいか、コンテストに応募した後に仕事が増えることもありました。

最初は応募が無料で、著作権の譲渡を強制していないところで挑戦してみるのはどうでしょうか?

有料でのオススメは、ザ・チョイスとか、ペーターズギャラリーコンペなど。
コンテスト情報は、illustration (イラストレーション) 玄光社、
イラスト関連の書籍に掲載されています。
本はこちら > illustration (イラストレーション) 2019年 6月号
*ザ・チョイスは、上記の本の応募券が必要です。

 

最初から上記のことをすれば仕事がもらえると知ってて行動したわけではなかったです。
結果的にたくさんの方に見てもらえる環境を自分で作っていったことで、
仕事へとつながっていったのかな?と思っています。
とにかくイラストを見てもらわないことにはどうにもなりませんよね。
今改めて考えてみると当然のことでした。。。(ははは)
そうしていくうちにきっとお仕事にもつながっていくと思います。

こんな感じで私は、お仕事をいただいている状況です。
「ご縁」というのは、どこからやってくるのかわかりません。
色んな人に見てもらったり、楽しんで作品を増やしてください♪

関連記事 > イラストレーターへのきっかけ

↓ オススメの本 お時間があるときにどうぞ!
> イラストレーターの仕事―プロとして知っておきたいノウハウ
> プロとして知りたいこと全部。 イラストレーターの仕事がわかる本
> プロに学ぶイラストレーターになるための本 -プロの習慣-
> イラストを仕事にする。 必要なスキル、プロへの道、仕事の楽しさ

↓30問の質問に答えるだけで、性格や価値観、人間関係、向いている職業などをズバリ教えてくれます。


一緒に読まれている関連記事