Illustrator(アドビソフト)に慣れる方法


最初私はイラストを描くのに、簡単なソフトペイント(WIONDOWS)や、
PAINT SHOPを使っていました。

でも、イラスト制作依頼が増えていくにつれ、
ILLUSTRATOR(アドビのソフト)を使えるようになったほうが色々便利でいいなと思いました。

*仕事ではデータ納品が多いので、ペイントやPAINTSHOPでは少し面倒だったんです。
PAINTSHOPのデータを保存するときの拡張子と、ILLUSTRATORでは違ったり、
大抵仕事でデータでくださいって言われる時はILLUSTRATORかPHOTOSHOPデータです。

そこでまず私は、仕事関係でもう使わないという人から、
タイミングよくバージョン8を譲り受けることができたので、それを使ってみることにしました。

使ってみた感想は、Illustratorというソフトは本当に難しい・・・です。

ソフトを使いながらHELPや、ネット上のILLUSTATOR講座などを見ましたが、
簡単なイラストを描くのに、ペイントやPAINTSHOPとは違う、
基本から勉強しなくてはいけませんでした。
ひとつ覚えるのにものすごく時間もかかって、正直ソフトを使うのが嫌になりました。
なんども、簡単に使えるようになっていた、PAINTSHOPへ戻ろうとする始末です(笑)

広告 > ヒューマンアカデミー たのまな アドビソフトウェア通信

でも少しずつですがイラストの仕事が増えてきていたし、
ここであきらめると一生使えなくなる!と考え直しました。
それからは簡単に、楽しく使える方法はないかなぁと、考えることにしました。
(いつものことなんです。。。)
そんなときに気になる本を見つけました。
MdNさんから出版されている、「ネタ帳デラックス」イラストレーターの本です。
こちら↓

パラパラめくると、完成サンプルが表示されていて、
それを描くための方法が、図入りでとても丁寧に書かれていました。
基本ばっかり本で見ていても、実際どういったときに使えるかわからないんです。
だけど、サンプルを見ながら使い方を読んで操作すると、本当にわかりやすい。
「ネタ帳デラックス」に出会えて、Illustratorの楽しさが、やっとわかったんです。

使ってみたい機能や、こんな風に描いてみたいという完成サンプルを見て、
とにかく、色々たくさんソフトを使って描きました。
最初のページから、読まなくてもいいのが私向きだったようで、
興味を持った好きなデザインが描かれているページからやりたいことをやって、
一つ一つ完成させながら、操作方法も覚えていきました。

基本は大事かもしれないけど、その基本ばかり勉強しても
完成図が見えないようでは、少しも面白くないんです。

本をみながら、色んな機能を使い、ゆっくりですが慣れていくと
だんだん、ILLUSTRATORもそんなに難しくないのかな?と思えるようになってきました♪

私は、楽しんで描いていたのと、とにかくサンプルを見て、
これと同じものを作りたい!という熱意だけでやっていたので、
本を見てILLUSTRATORを使っていましたが、
勉強していた感覚はほとんどありませんでした。

今も手元において時々ながめていますが、最近気づいたのは、
このネタ帳デラックス イラストレータ・デザイン (MdN books)
基本的な操作方法から、書かれていたこと。
すごいなぁ、と思います。良書です。

今でも私の場合、まだ使っていない機能がたくさんありそうなので、
時々見直して勉強しようと思っています。

*****

アドビソフト通信講座について

ただ、本で楽しさがわかっても、どうにもわからないこともあります。
誰か近くに教えてくれる人がいたら!と思ったことは何度もあります。
また、printshopも使い方がわからなくて、
挫折されてしまう方もいらっしゃるかもしれませんよね。

ソフトを教えてくれる学校もありますが、
通う時間を取るのが難しいということもあります。
(特に主婦だと。。。私もそうでした)
今は通信でアドビソフトの使い方を学ぶことができるようです。

こちら > アドビソフト+動画講座受講セット 最大82%OFF~

私が困っていた10数年前にあったら、私も通信講座受けたかった。
大手のヒューマンアカデミーさんが開いている講座です。
シンプルな機能しかいまだに使えなくて、時々どうなんだろうと思うこともあるので、
私も通信講座で勉強してみようかな。。。



一緒に読まれている関連記事