IIllustratorを使う

最初はイラストを描くのに、簡単なソフト、ペイント(WIONDOWS)や、PAINT SHOPを使っていました。

でも、イラスト制作依頼が増えていくにつれ、ILLUSTRATOR(アドビのソフト)を、使えるようになったほうがいいのかも、と思いました。

そこでまず、もう使わないという人から、バージョン8を譲り受けて使ってみました。

Illustratorというソフトは、本当に難しい・・・

HELPや、ネット上のILLUSTATOR講座などを見ましたが、
簡単なイラストを描くのに、基本から勉強しなくてはいけませんでした。

ひとつ覚えるのに、ものすごく時間もかかるし、正直イヤになりました。

なんども、簡単に使えるようになっていた、PAINT SHOPへ戻ろうとする始末です(笑)

でも、ここであきらめると、使えなくなる!と考え直し、
簡単に、楽しく使える方法はないかなぁと、考えていました。
(いつものことなんです。。。)

そんなときに、とってもいい本にめぐり合ったんです♪
MdNさんから出版されている、「ネタ帳デラックス」イラストレーターの本です。

パラパラめくると、完成サンプルが表示されていて、
それを描くための方法が、図入りで、とても丁寧に書かれていたんです。

ものすご~く、勉強になりました。

基本だけ学んでいても、何に使えるのかさっぱり、分からなかったのですが、
「ネタ帳デラックス」に出会えて、Illustratorの楽しさが、やっと、わかったんです。

それぞれ、完成サンプルごとに完結しているので、わかりやすいです
使ってみたい機能や、こんな風に描いてみたいという完成サンプルを見て、とにかく、色々描きました。
最初のページから、読まなくてもいいのが、私向き。

好きなところから、やりたいことがやれるのが、とってもうれしい~☆
基本は大事かもしれないけど、その基本ばかり勉強しても
完成図が見えないようでは、少しも、おもしろくないですよね?
そんな風に、本をみながら、色んな機能を、使っているうちに、
だんだん、ILLUSTRATORに慣れていきました。

楽しんで、描いていたので、勉強していた感覚は、ほとんどないかも。

今も手元において、時々ながめていますが、最近気づいたのは、それでも、基本的な操作方法から、書かれていたこと。びっくりしました。

まだまだ使っていない機能が、たくさんありそうなので、もう一度、見直してみようと思っているところです(^-^)/

余談ですが、PHOTOSHOPの「ネタ帳デラックス」も持っています~☆
こちらも、完成サンプルがあるので、たのしく、わかりやすいです。

一緒に読まれている関連記事