macbookが快適な速さになった。

愛用のMacBookが結局何してもダメだったので、
(クリーンインストールとかその他もろもろ。)
意を決して、メモリとHDDの交換をしてみることにしました。(自分で!)

事前に交換の仕方を色々調べると、
とても親切な方々がメモリとHDDの交換方法を残してくれているんです。
(本当、すごく助かりました!ありがとうございます☆)
なので、自分では記録残さなくていいかなと思ったのですが、
自分なりにも戸惑ったことがたくさんあったので、色々記録を残しておこうと思います。
(また、いつか交換するかもしれないし!)

前も書いたかもしれないのですが、
私のMacbookはMacBook(13-inch,Mid2010)ってやつです。
メモリが2GBで、(最大4GB)
HDDが250GB。
DDR SO DIMM方式
30mm
204ピン
PC3-8500 DDR3 1066mhzタイプのRAM

なんか暗号みたいで、これだけで頭痛くなったのですが、
とにかく同じタイプのmacを持っている方が交換の方法を書いてて、真似しちゃえ!と思って初めてメモリとSSDをamazonで購入しました。(精密ドライバーセットも必要です。うちは奇跡的に買わなくてもありました。)
メモリ↓(4GB+4GBの8GB)

SSD↓(128GB)

で、SSDだのHDDだのホントよくわからなくて一番安いのにしたんです。128GBのやつ。。。
そしたら、macに入ってたHDDよりもなんだか容量が少ないやつ選んで買ってて、
真似しようと思ってたサイトの記述をしっかり読んだら、その方は512GBにされてました(T_T)

返品、交換しようと思ったのですが、
HDDの容量が元々ものすごく空いていたので、
半分でもいけるんじゃないかと思って、変えてみることにしました。
(これで、動きが今後おかしくなったら、もっと容量があるやつに変えます。)

とにかく、こんな色々自分で交換するのは初めてだし、
HDDとかメモリが・・・とか本気でちっともわからないし、
夫にちらっと聞いたけど、夫も俄か知識だろうしで、
すごくおっかなびっくり交換しました。

教えてくれたサイト様はこちら→up to YOU あっぷ・とぅ・ゆー
(勝手にリンク貼ってごめんなさい!もし迷惑だったらブロックしちゃってください。お手数かけます。。。)

こちらの方の写真付きの丁寧な説明をもとに、
私なんかでもどうにか交換できました。



でも私、パソコン歴は無駄に20年もあるくせに、
こういった交換を一度もしてこなかったので、
びっくりするところでつまづいたんです。
以下忘れないようにつまづきポイントをしっかり残すことにします。
(もしかしたらこれでも誰かのお役に立てるかもしれないし!というか自分のためでもあるし。。。)

☆ つまづいたポイント1
最初メモリだけを交換しようと思い、メモリ交換前に何をしておけばいいのかさっぱりわからなくて、しばらくネットサーフィンで時間を潰してた。
・・・基本メモリだけ交換する時は、バックアップとか取らなくてもいいみたいなんです。
(もう、本当知らない!そんなことも。)
でも不安だったので、しっかりバックアップとりました。

☆ つまづいたポイント2
静電気
静電気が起きやすい時期(冬)と、体質?なのでどうしようかと思って、ゴム手袋とかしたほうがいいのかとか、アースを取ったほうがいいのかとか色々悩みました。自分にアース線つけるっていう案を夫が発案。・・・ん?バカにされてたのかな?
(だって、マザーボードがダメになったとか、買ったメモリが動かなくなったとかネットに書いてあったから。)
・・・お風呂あがりが一番帯電してないかなと思ったりもしたのですが、結局午前中にゴム手袋も、アースも取らないで素手で交換しました。
ただやっぱり怖かったので、交換前に車触ったり、ドアノブ触ったり、エレベーターのボタン押すところの金属部分触ったりしてからやりました。(笑)直前まで水道の蛇口も触ってたかも。。。あはは。
あと服装は、ウールのセーターも、ウールのレギンスも脱いで、綿の長袖Tシャツ2枚に下デニム、コットンの靴下、エアコンは切って、加湿器つけて、こたつ(強)でやりました。そうだ、袖はまくった。(もうどうでもいい)

今度交換する気が起こったら、夏にやろうと思います。

☆ つまづいたポイント3
メモリの交換が初めてで、抜取りと、差込に手間取った。
・・・全くコツがわからなくてこれでいいのか悩みながらやりました。
なんか刺さったなーという感じでやめましたが、パキッて折れるんじゃないかと思ってすごく怖かったです。
もう少しカチッとわかりやすい音とかしたらいいのに。なんかザクって感じ。初めての感覚。

☆ つまづいたポイント4
メモリ変えただけじゃちっとも速くならなかったので、HDDからSSDに変えることにしました。でも事前に一体何をすればいいのかわからなかった。
・・・ここでとりあえずバックアップみたいです。
あとTimeMachineでバックアップとっておくと楽でした。
(実は、TimeMachineも今回初めて使った・笑)

☆ つまづいたポイント5
HDDからSSDに交換する時も、外し方が全くわからなくて、HDDのネジを外してしまったり、無理やり取ろうとして壊れそうになったりした。マイナスドライバー2本差し込んで取ろうとしました。(取れなくてよかった。)
・・・HDDとメモリの間にある黒いバー(二つネジがついてるやつ)のネジを思い切って外してみたら簡単に取れました。ここを外したら壊れるんじゃないかと思って、すごく怖かった。(もう怖いものだらけ・笑)

(いつか余裕ができたらその黒いバーの写真をとってここに載せたいけど、またMacの裏側のカバー外すのも怖いので、何かいい方法ないかなと考えています。)

☆ つまづいたポイント6
無事SSDになってからそのまま立ち上げていいのかもわからなかった。
そのまま何もせずいつも通りに電源ボタンを押したら画面が真っ白で、ちっ!壊れたか(怒)と思いました。
・・・仕方ないので電源を無理やり落とした後に、外付けHDD(TimeMachineでバックアップとっておいたやつ)を付けて、command+Rで電源ボタンを押したらなんとかなりました。
これでよかったのかわからなかったのですが、元に戻ってるのでいいのかな?と思っています。

☆ つまづいたポイント7
立ち上げたあと、OSをインストールする前に、MacOSユーティリティーが表示されるのですが、いきなりインストールに進んだら、ディスクが何も表示されず、ずっと探してる状態で止まっていた。
・・・起動ディスクをフォーマット(消去)しないと使えないみたいです。
新しくつけたSSDを選択して、消去すると新しく名前のないデバイス(ボリューム?)が出てくるのでそれに「Machintosh HD」と名前をつける。名前付けたやつもフォーマットしたら、その後にOSをTimeMachineでインストールする。



まぁ相当つまづきました。(・・・疲れた)
人生でつまづくよりは、簡単にクリアできるのでMacBookが遅くなったらSSDに交換するにかぎります!
(今日半日でなんとかなったし)

とりあえず、め〜〜〜〜〜っちゃ速くなりました。(体感)
メモリ2GBを8GBにしただけでは全くダメだったけど、(起動時間が遅かったけど、ソフトの立ち上がりは少し速くなった。)HDDからSSDに交換がよかったのかな?
レインボーカーソルばっかり出まくってたのに、今はほとんど見かけません。

あ〜!すごい嬉しい♪
あと、自分でできたってところもすごく達成感!
起動のスピードが本当に速くなったし、(今までイラレにたどり着くまで30分かかってたし。)
文字の入力まで遅くなってたのに、今はストレスなくなりました。
Finderの立ち上がりも速くなったし。
もちろんILLUSTRATORも速くなりました。

これなら、まだまだ色々出来そうです。(^^)

一緒に読まれている関連記事