たった1キロ

夫が、おとといから体力をつけるためと
肥満解消のためにジョギングをはじました。

おとといは2キロだけ走って、
1時間もせず、帰ってきました。
それでも、「けっこう疲れた~」というので、
体重が増えたからだよとか、
運動不足すぎだよ~なんて言っていました。

「走ってみればわかるよ」と夫がいうので、
昨日、家族で走ることになったんです。

晩御飯を食べた後、1時間後ぐらいかな?
日中よりずいぶん涼しくなっていたので、
気持ちよくて、ウキウキ、かなり張り切った格好で
ジョギング準備をしました。

ストレッチもして、スタートと
出だしはかなり順調で、子供と一緒に夫をおいて
走っていたのですが、500Mあたりで、
急に吐き気と、頭痛、お腹までがいたくなり。
ストップ。

かなりやばい状態でした(涙)

その後は数メートル歩いて、回復してから
走ったのですが、夫から今日はやめといたほうがいいよと
言われ、たった1キロ(正確には500Mかな・・・)で
私のジョギングは終わりました。

短すぎる・・・(T_T)

こんなに体力がなくなっているとは、
ちょっぴりショックと、ペースを間違えたかなと
自己フォローで頭の中はグルグル。

今日はてっきり筋肉痛になるのかな?と思ったら、
意外に足がだるいだけで、ちっとも痛くないので、
びっくりしています。

あ、もっと遅れてくるのかなぁ~(>_<)わ、やだー。 「なかやまきんにくん」じゃないけど、 自分の筋肉に、今日来るのかい?今日じゃないのかい?明日かい? 私の筋肉よ、どうなんだい? なんて、心の中で筋肉に話しかけています(笑)

一緒に読まれている関連記事