印刷物の色

最近印刷物の仕事で、PCで描いたイラストの色と印刷物になった時の色が、
大きく違うということが少なくなってきて、とても喜んでいます。
これは長く悩んできた事だったので、本当に嬉しいです。

以前はパソコン画面上のイラストに、カラーチャート近づけ、
無理矢理見比べてCMYK値を設定していました。
多分、結果的にものすごく手を抜いていたのかもしれません。

でも最近は画面ではかなり明るく見えるのと、紙ではないことをふまえ、
画面とほぼ同じように出力されるように家庭用プリンターを調節し、まず出力しています。
その出力した紙の色と、カラーチャートを見比べて、
CMYK値を設定して納品するようにしました。

多少紙の種類は違うのですが、紙なので以前よりも見比べやすくなりました。
画面に無理矢理カラーチャートを近づけて色を設定する方が難しすぎました。

もっと早くに気づけばよかったと思っています。

今はこちらのカラーチャートを使用していますが、
もっと細かい設定のあるカラーチャートがあればいいなと思っています。

新彩色辞典―カラーデータ集
カラーチャート2800―全トーン掲載でカラーコーディネイトに最適 (DESIGN HANDBOOK SERIES)

カラーとは関係ないのですが、
風邪が長引いてしまっています(涙)
高い熱が出てないだけいいのですが、鼻と喉がつらい。。。
皆様も気温の変化にお気をつけください。

一緒に読まれている関連記事